海外「なんて可愛らしさだ!」シマエナガのかわいさに海外の人もメロメロに

海外の反応

北海道のシマエナガに対する反応

 

北海道に生息する野鳥「シマエナガ」が海外でも話題になっていたので反応の一部をご紹介します。

「雪の妖精」とも呼ばれているシマエナガ(学名:Aegithalos caudatus trivirgatus)は、日本全国に生息する「エナガ(柄長、学名:Aegithalos caudatus)」の亜種にあたる鳥です。

頭部全体が白く羽が柔らかく膨らみ尾が体長の半分を占めるほど長いため、体幹部のみの大きさで他の鳥類と比較すると国内最小規模の鳥とも言われます。

北海道ではバードウォッチングを楽しむ方たちの間で人気があり、野鳥の愛好家やカメラマンが撮影した写真が話題になっています。

 

翻訳元:

シマエナガに対する海外の反応

■なんて可愛らしい小鳥だろう +3

 

■微笑んでいるようだ +3

 

■アニメに出てくるかのような小さなかわいい鳥だね。

いつも木に座っているんだね +7

 

■北海道では空中でアクロバットな動きをする綿の群れを見れるのか! +94

 

■どうしてかわいい動物はみんな日本へ行き、怖くて変な動物はオーストラリアへ行くの?

結論として、神がユーモアのセンスを持っているってことになるのか。 +130

 

■↑コアラはめちゃくちゃ可愛いよ! +35

 

■↑でも怖いし 、危険もある +27

 

■愛らしい +25

 

■やあ!ちょうどこの鳥の名前について調べていたんだ! “enaga”というのは文字通りこの鳥の日本語名です。私の推測では「シマ」は地元の人がこの鳥を他の亜種と区別するために使っているのだと思っている。「シマ」が何を意味するかはどの漢字を使っているのか見ないとわからないけど、フレーズ全体で考えると「島の長い尾」や「縞模様の長い尾」になるね。 +6

 

■私は鳥について詳しく知りたくて下にスクロールしていた!ありがとう。デンマークの私の近所で白い頭のロングテールの鳥を数匹見つけました。残念ながら彼らは写真を撮れるほどの時間居ついてくれなかったけどね。でも、彼らの頭は参考文献と同じくらい白く見えたよ。 +5

 

■シマは日本語で「島」を意味しますが、カタカナで書かれているので実際の名前の由来かどうかはわかりませんでした。日本にはシジュウカラの亜種が4種類います。彼らがここだけに生息しているのか、それとも他の国でも見つけることができるのかはわかりません。 +3

かわいすぎる野鳥“シマエナガ”がSNSで人気…顔文字で“愛”表現、専門アカウントに聞く魅力
「雪の妖精」の愛称で親しまれる野鳥・シマエナガが、かわいすぎるとSNSで話題になっている。シマエナガは北海道に生息するエナガの亜種で、体長は14cmほど。フワフワ真っ白の羽毛で包まれた丸いフォルムに、つぶらな瞳がちょこんと覗く見た目が特徴的だ。その愛らしい姿を模してつくられた「シマエナガシュガー」はTwitterで2万...
エナガ - Wikipedia

 

■この鳥を抱きしめたい。 +2

 

■関係があるのかは分からないけど、この鳥は英国の長い尾の鳥にとてもよく似ています、グループで群れるのが好きな素敵な小鳥 +1

 

■とても可愛く見えます。イギリスにいる小鳥も可愛くて飼い慣らされた好奇心旺盛な小鳥です。 +1

 

■情報ありがとう!北海道のIGアカウントをたどっていますが、これらの鳥と飛んでいるリスでいっぱいです。でも鳥が何と呼ばれているのかは知りませんでした。どちらの動物も本物であるには可愛すぎる!  +1

 

■歌っているようだ。 +1

 

■シマエナガは小さくてふわふわの白い鳥で、よく「弾力のある綿」と表現されています。この鳥は北海道原産で、木の枝の間に生息して種を食べています。シマエナガは基本20〜30匹の群れで動き回って、時にはアクロバットトリックを見ることができます。

 

■なんてこった!北海道に生息している鳥だって?この鳥がそこに住んでいるなんて知らなかったし、日本に住んでいる者として自慢したいよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました